タイワンニンジンボク(台湾人参木)

別名 
科属 クマツヅラ科ハマゴウ属
学名 Vitex negundo

性状
落葉低木、小高木
葉の分類
対生、複葉、掌状複葉、切れ込みなし、鋸歯あり
類似
備考

参考: 葉っぱでおぼえる樹木(柏書房)/日本の樹木(山と渓谷社)/樹に咲く花(山と渓谷社)

樹形

09.07.11森林公園

樹木解説

葉は掌状複葉で対生する。小葉は3-5枚で楕円状卵形または披針形で、先端はとがり基部はくさび形。ふちは全縁かわずかに鋸歯がある。葉裏には灰白色の短い伏毛が密生する。7-8月、枝先に10-30cmの円錐花序をだし、淡紫色の小さな花を多数つける。花冠は有毛で下部は筒状、上部は5裂してくちびる状になる、果実は球形で黒く熟す。

15.07.10小石川植物園

18.07.12小石川植物園

18.07.12小石川植物園

09.07.11森林公園

補足

 

ニンジンボク

セイヨウニンジンボク

タイワンニンジンボク

掌状複葉(小葉3-5枚)、荒い鋸歯(希になし)、頂小葉は長さ5-12cm、幅1.5-4cmの広披針形

掌状複葉(小葉5-7枚)、葉縁は全縁、ニンジンボクに比べ葉身が細い、頂小葉は5-10cmの広披針形

 掌状複葉(小葉3-5枚)、葉縁は全縁(わずかに鋸歯)、楕円状卵形または披針形
葉色

葉表は無毛で緑、葉裏は全体に短毛が散生、脈上に密生し淡緑色

葉表は緑、葉裏は白色の短い毛が生え灰白色

葉裏は灰白色の短い伏毛が密生

花期

7-8月

7-9月

7-8月

性状

高さ1-3m、落葉低木

高さ2-3m、落葉低木

落葉低木

 その他